四柱推命を知る

四柱推命の基礎知識

陰陽説

陰陽説は、古代中国の占術の源であり、自然界のあらゆるものは“陰”“陽”の相対する気から成りたっており、天他万物すべてがこの二つの気に分けられるとする考え方です。

陰陽説では、表があれば必ず裏があるとする考えから、天と地,太陽と月,明と暗,動と静のように、全く相反するものをに分け、それぞれ逆の性格を持ちお互いに補い合って成り立っているとされています。

五行説

五行説は、目に見えるもの見えないものにかかわらず、自然界にあるものすべては、突き詰めていけば「木・火・土・金・水(もっかどこんすい)」の五つの要素から成るとする考え方です。

五要素は、互いに影響を与え合い、その盛衰・消長によってこの世の全てが循環して進展するとされています。

五行表されるおおまかな性格象徴する色象徴する季節象徴する方位
樹木の成長・発育を表す。知性的・創造性豊か。神経が細やか。 緑・青
火のような灼熱の性質を表す。明るく・明朗な性格。
万物を育成・保護する性質を表す。保守的な性格。好き嫌いがはっきり。 茶・黄季節の変わり目中央
金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。自尊心が強い傾向。ブランド志向型。 白・紫西
命の泉である胎内と霊性を兼ね備える性質。情に厚い。優柔不断な面も。

五行の相関関係

五行の互いの関係には、「相生」「相剋」「比和」といった性質があります。この性質によって互いに影響し合い、循環し進展するとされています。

「相性」とは ・・・ 一方が他方を生成・強める関係です。
「相剋」とは ・・・ 一方が他方を抑制・弱める関係です。
「比和」とは ・・・ 同じ要素同士が互いに強め合う関係です。
* 結果が良い場合には益々良く、悪い場合には益々悪くなります。