四柱推命を知る

四柱推命の基礎知識

十干

十干(じっかん)は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類で、五行“陰”“陽”に分けたものです。“陽”を兄(え)、“陰”を弟(と)として、五行をそれぞれにあてはめています。

例えば「甲」は「木の兄」(きのえ)、「乙」は「木の弟」(きのと)です。

五行 陰陽十干仮象 特性長所短所

きのえ
大木
幹のある木
上に上に伸びていく。
寒・暖・乾・湿と季節に密着に関係する。
真っ直ぐ
発展
独立独歩
原生林
お山の大将

きのと
草花
枝葉
優しくひ弱に見られるが、したたかな面も。寒・暖・乾・湿と季節にも密着に関係。 柔軟さ
感性豊か
百花繚乱
引っ込み思案

ひのえ
太陽 地上を照らし万物を生成する。
十干の中で最強で、他の干へ一方的に作用し、他の干から影響を殆ど受けない。
穏やか
華美
自己顕示
激性
短気

ひのと
地上の火
人工の火
柔らかで明るく融和的。
旺衰・強弱にかかわらず本来の特性を維持する。
感性豊か
温順
頑張り屋
激烈
破壊

つちのえ
山岳の土
堤防
固く重い乾土で、万物の根源となる。
ある程度湿り気を持つほうがよい。
保守的
剛気
口が堅い
堅固
慢心

つちのと
田園の土 湿土であり、万物を蓄積する作用がある。戊の弟のようなもの。 優しさ
熱心
粘着性
迷い

かのえ
鋼金
鉱脈
剛強。火を得て強く、水を得て清くなる。潤土があれば生ずる。 剛直
鋭い
騙されやすい
軽はずみ

かのと
砂金
珠玉
貴金属
柔軟で温順、清く美しい。
汚れることを嫌い、水で洗われることを喜ぶ。
親切さ
感受性
優しさ
思考力
頑固
自分本位

みずのえ
大河
湖沼
見かけは柔らかでも、力量は大きく、性質は剛。周流して停滞しない。 豊かさ
楽観的
ゴリ押し
強引さ
洪水

みずのと
雨水
湿気
静かで一見弱く見える。
湿り気を必要とする他の干に滋雨をもたらす。
奉仕精神
忍耐力
お節介

十二支

十二支は、よく知られる「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類をいい、時刻や月、季節、方角を表すのに用いられます。

十干十二支を合わせたものを干支(「かんし」または「えと」)といい、暦の表示などに用いられます。「えと」という呼称は本来、十干を「ひのえ」「ひのと」のように、兄(え)と弟(と)の組み合わせとして訓読したことに由来します。

季節十二支

木の陽

木の陰

土の陽

火の陰

火の陽

土の陰

金の陽

金の陰

土の陽

水の陰

水の陽

土の陰